角栓除去をしてツルツルな肌を取り戻そう!

婦人

肌の保湿のやり方

コスメ

使い方とメリット

洗顔後の潤いが奪われた肌につけるのが化粧水です。化粧水には様々な保湿成分が配合されています。それぞれの保湿成分が肌に浸透することで、角質層が潤い、乾燥肌が柔ぎます。化粧水をつける方法には、手のひら、コットン、シートパックの三通りがあります。それぞれの方法でメリット・デメリットがあるので、いろいろ試してみ、自分の肌が一番喜ぶ方法でつけるのがお勧めです。手のひらでつける方法は1番経済的です。また、手のひらの温度で化粧水が温まるので、浸透しやすいのもメリットです。コットンの場合は手のひらよりもムラなく均一につけることができます。また、手のひらでつけると皮膚が化粧水の成分を吸い取ってしまうことがありますが、コットンならそういう心配がなく、無駄なく利用できます。極度の乾燥肌の人にお勧めなのがシートパックです。あらかじめ化粧水をたっぷり含ませたシートパックを顔に乗せ、数分間放置してパックするやり方です。今はお手頃価格のシートパックが沢山あるので、毎日でもシートパックができます。シートパックは1番保湿効果がありますが、使い方を間違えると乾燥肌悪化に繋がるので注意が必要です。長時間のパックは化粧水の水分を蒸発させてしまい、乾燥肌がひどくなります。商品に記載されている使用時間を必ず守ることが大切です。また、どんな方法で化粧水をつけた場合でも、必ず最後は油分を含んだ乳液やクリームで表皮をコーティングするのがスキンケアの基本です。

Copyright © 2017 角栓除去をしてツルツルな肌を取り戻そう! All Rights Reserved.